外食産業について

外食産業について記事一覧

外食産業の分類

日本の外食産業の市場規模は第2次世界大戦が終わって戦後の復興期から高度成長期に入ることで所得水準の増加と女性の職場進出による労働人口の増加や余暇時間の増加によって拡大を続けてきました。1979年には外食産業の市場規模が13兆2400億円から2010年には23兆6450億円を超える規模に成長して来まし...

≫続きを読む

 

外食産業の夜明け

外食産業という言葉は昭和45年の大阪での万国博覧会に海外の産業としての飲食店の出店があった頃から使われるようになりました。それまでの日本の飲食店は第二次世界大戦が終焉を迎えて戦後の復興が進みだすと共に街場のアチコチに小さな飲食店が復活したものが中心でした。いわば個人商店が大部分でしたので戦後に職を失...

≫続きを読む

 

外食産業のチャレンジ

それまでの個人経営の飲食店経営から一転して日本の飲食業界では大手資本の参入も有って、アメリカから学んだ経営方式を日本向きに改良して進化を遂げてきました。昔は個人で飲食業に熱心な方たちが工夫して独特の経営を行って来ましたが、大阪の万国博覧会に出店してきたアメリカ式の大手外食産業に刺激された日本人は外食...

≫続きを読む

 

外食産業の進歩と課題

昭和45年の大阪での万国博覧会に欧米の大手外食産業のサンプル店舗が出店して多くの日本人の人気を得ました。このことが契機になって日本の飲食店の産業化が進んで行きました。それまでの日本の飲食店は個人オーナーの経営によるものが中心でしたので、クオリティーの高い飲食店は有りましたが産業としての位置づけは得ら...

≫続きを読む

 

外食産業の種類と仕分け

米国式のシステムを導入して成功を収めてきた大手の外食チェーン店が全国展開をしはじめてから既に40年余を経過しています。現在では全国に様々な種類の外食チェーン店が展開されていますが、当初の洋食中心のチェーン店から現在では和食系や中国料理系、イタリアン系、焼肉系、ハンバーグ系と様々な種類の料理があります...

≫続きを読む

 

外食産業の使命と目標

外食産業は非常に幅の広い産業ですので、外食産業ということでワンパターンの説明は不可能になります。広義の意味の外食産業には町に数多く存在するレストランや小料理屋、屋台のラーメン店や焼き鳥まで全ての飲食店が入りますし、郊外や観光地にある飲食店も入ります。デパートやスーパーにあるレストランや企業の社員食堂...

≫続きを読む

 

日本における外食産業の始まり

第2次世界大戦が終わって戦後の復興が始まりますと少しずつ市街地などの各地に飲食店が開業し始めました。戦後の復興のために必死で働く庶民のために屋台の店や小さな小料理店が続々とオープンして行きます。当時は戦災で何もかも失った方が多かったので全ての産業は小さな町工場から始まりましたが、飲食店はこれらの方々...

≫続きを読む

 

アメリカ式の外食産業のメリット

昭和45年の大阪での万国博覧会に海外の大手外側チェーン店の出店がきっかけになって日本でも飲食店を産業として育ててゆこうという機運が高まりました。それまでの日本の飲食店は基本的に個人の経営が中心でしたし、形式的には会社の形をとっていましたが実際の中身は個人オーナーの経営の物でした。個人オーナーの飲食店...

≫続きを読む