飲食店経営に失敗しない方法

飲食店経営に失敗しない方法記事一覧

立地条件の失敗

飲食店開業のために不動産会社に勧められた物件を購入、自分のやりたい業種の飲食店を開業したのはいいが、思うように来店客数が伸び悩んでしまう事もありますよね。不動産会社の責任と思われがちですが、実際には、経営者の責任でもあります。なぜなら、経営者はその物件の周辺調査を不動産会社に任せてしまったために起こ...

≫続きを読む

 

飲食店の失敗例

飲食店を開業するまでは十分な準備期間で万全な体制で開業したはずなのに、なぜか経営状態が悪くなっていく。と言う事例が後を絶ちません。なぜ、万全の体制なのに経営が悪化してしまうのでしょうか。経営の成功や失敗には色々なパターンがあります。一例ですが、失敗した原因をご紹介します。資金の調達方法やその条件が悪...

≫続きを読む

 

業種の失敗

立地条件は全く問題ないのに、なぜか来店数が伸び悩むことがありますよね。それはなぜでしょうか。一つの問題として、その立地条件の周辺地域のニーズに合っていない業種である事が考えられます。現在提供している業種は、和食でしょうか。洋食でしょうか。中華でしょうか。それともファストフードでしょうか。その提供して...

≫続きを読む

 

従業員の失敗

利益と従業員の賃金の割合はいかがでしょうか。店舗に対して出費では賃金が大きく関係してきます。その賃金は、従業員の力量に見合った賃金でしょうか。賃金とは、各都道府県で定められている最低賃金などの基準で軽い気持ちで賃金を設定していませんか。そのような経営者は経営をする資格はないと思ってください。賃金は従...

≫続きを読む

 

従業員の教育不足

従業員の教育不足によっても経営を悪化する場合があります。面接時に経営者が参加しないで人に任せたために発生する失敗です。その他にも、経営者が面接に参加したものの、人材を見抜く力量が不足して、間違った採用をしてしまったことも失敗の例として存在します。良い人材、悪い人材かは雇ってみないと分かりませんが、面...

≫続きを読む

 

厨房の失敗

厨房の失敗例では、自分が求めていた性能が発揮できなかったり、コスト面で、中古の調理器具を購入してしまい、故障で調理が出来なかったり、修理代にコストがかかってしまって利益が出ない事があります。多くの来店で調理器具を大型にした事も原因の一つとして考えられます。大きな調理器具は、大量の調理を可能にしますが...

≫続きを読む

 

ライバル店の問題

自分の飲食店を経営して満足していてはいけません。満足していては、経営不振と言う恐ろしい結果が待ち受けています。自分の店に自信を持ちすぎた経営者が失敗する多くの例でもあります。本当に成功している飲食店の経営者はどうでしょうか。成功している秘訣は、周りの飲食店のあらゆる業種を調査し、自分の店と比較してい...

≫続きを読む

 

無理な支払い

開業準備の際に融資問題があります。自己資金を開業資金の半分まで準備し、半分を融資してもらったのですが、毎月の返済額を多く契約してしまったために、返済能力が不足し、経営難で破産してしまう飲食店も存在します。営業の見込み売り上げの完全な計算ミスで返済額が売り上げにたいして大過ぎたのが原因です。自信に満ち...

≫続きを読む

 

フランチャイズでの失敗

フランチャイズのメリットは、開業に関係する手続きなどを代行し、店舗や調理器具などもフランチャイズ会社が手配してくれ、開業の苦労を提言してくれるメリットがあります。その他にも、開業資金が無くても開業できる業者も存在します。そのフランチャイズに加盟して失敗する事が多く報告されています。その問題点の多くは...

≫続きを読む

 

気持ちの空回り

飲食店を開業するにあたって、気持ちが昂っている状態が続きます。緊張が続き、夜も寝れない日々が続く人も居るようです。そのような状態が続くと、正常な思考ができなくなるのはもちろん、人の話も落ち着いて聞く事すらできない事もあります。そこまではないだろう。と思っている人も、実際に脱サラして、多額の資金を調達...

≫続きを読む

 

接客好感度の人気ランキングからわかること。

民間のある調査会社が、外食産業について接客の好感度ランキングをまとめています。外食産業は景気の善し悪しに大きく影響されるために、様々な指標に注意を配っておくべきでしょう。接客の良さと業績とは深い関係がありそうですが、実際のところはどうなのでしょうか。ランキングを観てみると、第一位はスターバックスコー...

≫続きを読む