無理な支払い

無理な支払い

開業準備の際に融資問題があります。自己資金を開業資金の半分まで準備し、半分を融資してもらったのですが、毎月の返済額を多く契約してしまったために、返済能力が不足し、経営難で破産してしまう飲食店も存在します。営業の見込み売り上げの完全な計算ミスで返済額が売り上げにたいして大過ぎたのが原因です。

 

陣 川崎店

 

自信に満ち溢れていた開業準備段階での失敗ですが、実際には返済能力があるにも関わらず、経営状態を悪化させていたのは、営業体制の悪さから響いている場合があります。どちらの場合でも、早く返済を終わらそうと無理な返済方法にしてしまったのですが、このままでは破産の危険性も考えられます。その様な場合、融資先に相談し、返済額の見直しや返済期間の見直しを行う必要があります。その他にも、経営に対する方針の見直しや、経営コンサルタントによる診断、改善も有効な手段として活用すると良いでしょう。

 

 

 

これには、多少の出費がありますが、今後の売り上げの向上や返済の問題が解決すると考えると、安い出費と考えても良いでしょう。もう一つの原因として、開業準備の資金を使いすぎた事も原因として考えられます。開業準備の資金と言っても、店舗の費用や設備の費用だけではありません。開業当初は繁盛して売り上げがありますが、時が過ぎれば大きな来店の落ち込みがあります。新しいもの好きな人種であるために、その様な事が発生するのです。

 

居酒屋本陣

 

その時のために、開業資金を使いすぎない事が重要で、この赤字対策として開業資金から捻出する事でこの状態から脱出する事が可能になるのです。よって、開業資金を出来るだけ残しておくことが開業後の経営難を脱出するための大きな武器となるでしょう。