外食産業のチャレンジ

外食産業のチャレンジ

それまでの個人経営の飲食店経営から一転して日本の飲食業界では大手資本の参入も有って、アメリカから学んだ経営方式を日本向きに改良して進化を遂げてきました。

 

昔は個人で飲食業に熱心な方たちが工夫して独特の経営を行って来ましたが、大阪の万国博覧会に出店してきたアメリカ式の大手外食産業に刺激された日本人は外食産業が日本人の誰にでも食べられる低価格で美味しいメニューを実現するために研鑽を続けて来ました。

 

大人数のパーティならこちらのお店で決まり!

 

それまでの日本の飲食店の料金は世界で最も高額なものと悪評が有りましたが、最近ではリーマンショック後の長引く不況の中で低コスト化が進んだ結果そして海外と比べても充分に対抗できる料金にまで下がって来ました。

 

昔の個人経営では実現できなかったフランチャイズシステムの導入による他店舗化で、多店舗のメリットを生かしてセントラルキッチンで大量の調理を行い、大量の食材を集中仕入れすることでの低コスト化の実現と、集中管理することで料理の味が一定の基準に保つことができるようになりました。

 

錦糸町の居酒屋なら二代目魚魚一がオススメ!

 

結果として誰もが清潔でキレイな内装設備の中で質の良いサービスでの提供で安心して食べられる飲食店が実現できているのです。

 

また、近年の健康志向とオーガニックなどの自然食嗜好にも対応して肉や野菜などの生産者と一体となっての食材確保も実現しようとしている外食産業も人気を博しています。

 

岐阜駅からアクセスしやすい個室居酒屋

 

メニューにカロリー値を記入したり人工着色料を使用しないことをセールスポイントにすることでファンを獲得しているファミレスもあります。

 

日本における外食産業の取り組みはこれからも国民の生活を豊かにするために今後とも尽きることのない研究努力がなされることでしょう。

 

国民の誰もが安価でクオリティーの高い外食を楽しめるようになることは人々の活力をまして他の産業の生産にも好影響を与えることでしょう。