不況に強い飲食業体「餃子」

不況に強い飲食業体「餃子」

飲食店の人口対比率に於いて日本は世界でもトップクラスにあるそうです。

 

 

 

この事は不景気が続く中での飲食店経営に過当競争の厳しさが加わって苦しいさが倍加します。

 

現在の日本、特に東京や大阪などの大都市圏に於いては世界中のあらゆる種類のレストランや居酒屋、小料理店が軒を連ねておりますので顧客の獲得競争においての激しさも世界のトップクラスにあるかも知れません。

 

この様な厳しい中でも不景気に強い飲食業体が有り、頑張って業績を伸ばしております。

 

一例には大手の餃子店チェーンが業績を伸ばしておりますのが目立ちます。

 

https://r.gnavi.co.jp/a058439/

 

マスコミのご当地B級グルメでも何回も取り上げられますが、栃木県の宇都宮で有名な「御当地グルメ」には「餃子」が全国的に有名になっています。

 

宇都宮における餃子祭りの様なイベントには全国から餃子を求めて数多くの方々が押し寄せます。

 

夜景×隠れ家Dining れんま -Renma- 新宿駅前店

 

この様に日本人にとっての餃子は特別なものがあります。

 

本来は餃子は中国の家庭料理なのですが日本にいる中国系の方達が始めたものが、すっかり日本人の食事メニューとして定着しています。

 

このメニューは小麦粉と野菜、豚肉などが原料ですのでコストの面でも安く作れますし、作るための特別な技術も必要なくなれれば誰でも作れます。

 

現在では餃子マシーン様な機械で大量に均質に作れますので、しかも冷凍保存が出来ますので相当に安く売る事が可能な商品ですので現在の様な不況に強いメニューの一つとして注目されております。