従業員の教育不足

従業員の教育不足

従業員の教育不足によっても経営を悪化する場合があります。面接時に経営者が参加しないで人に任せたために発生する失敗です。その他にも、経営者が面接に参加したものの、人材を見抜く力量が不足して、間違った採用をしてしまったことも失敗の例として存在します。良い人材、悪い人材かは雇ってみないと分かりませんが、面接時の言葉遣いや態度、クセなどで大体の力量が把握できます。経営を安定させたいのであれば、常に教育を怠らない事です。

 

彩り個室居酒屋 蒼の雫 ‐あおのしずく‐福岡天神店

 

従業員の教育はお客さんの満足を得る大きな要素となります。例でたとえると、イマイチな料理の店だが、すごく店の雰囲気が良く、従業員も客の様子を察知し、言おうとする前に向こうから言いたいことを応えてきた。という場合だとどうでしょうか。イマイチな味がどこかへ消えてしまっています。大げさな例でしたが、従業員の教育が行き届いていれば、お客さんの満足度は向上し、リピートにもつながります。定期的なミーティングや緊急ミーティングなどを行って、従業員一人一人に対し、適切なアドバイスをする事で、従業員のポテンシャルを引き出す事が可能です。

 

http://www.kanzesui.com/

 

出来ない従業員にも褒めるなどの行為を行う事によって少しづつポテンシャルが発揮できるように期待を持ちましょう。ただ叱りつけるだけでは従業員のモチベーションを下げるだけですので、どんなにイライラしても怒りをぶつける事だけは控える事が大切です。その他にも、サービス業に対する研修会が開催される場合があります。

 

新宿のイタリアン

 

その研修会に参加させることによっても新しいサービスのヒントを得られる事があるので、積極的に参加させ、その情報を従業員全員が共有する事で新たな経営に対する意欲が湧いてくるはずです。