従業員の失敗

従業員の失敗

利益と従業員の賃金の割合はいかがでしょうか。店舗に対して出費では賃金が大きく関係してきます。その賃金は、従業員の力量に見合った賃金でしょうか。賃金とは、各都道府県で定められている最低賃金などの基準で軽い気持ちで賃金を設定していませんか。そのような経営者は経営をする資格はないと思ってください。

 

横浜の居酒屋個室は最高です。

 

賃金は従業者の力量に対して支払う金銭であり会社の利益を出すための従業員ではありません。従業員は経営者の経営する飲食店が好きで働いているのです。その気持ちを忘れてはいけません。一部、例外もありますが、この業種が好きなのは間違いありません。ただ仕事をして賃金を貰っているような従業員は飲食店にとって無駄な存在です。その存在が飲食店のイメージを悪くする場合もあり、その結果、飲食店の経営不振にも直結する可能性も考えられます。

 

浜松の居酒屋個室で楽しもう

 

経営者として、従業員のやる気、力量などを見極めて、賃金を設定すると良いでしょう。もちろん、改善命令を出しても改善する様子が無い従業員に対しては、解雇しても構いません。解雇すると言う事は、退職金を支払う事になりますが、退職金を払う方が、今後の経営の利益と比較すれば一目瞭然です。

 

BEONE 〜ベオーネ〜 横浜店

 

解雇して、退職金を支払った金額の方が安いのです。このように、経営者の考え方一つで従業員の質も変化します。歩合制という方法を採用している所もあるように、頑張ったら頑張っただけ賃金が上がる仕組みにすると、自然に従業員の質が向上するのです。もちろん、賃金が上がるだけではなく、下がる事もあります。

 

その下がるのを嫌がって退職する者もいれば、さらに頑張って仕事をする従業員もいます。従業員同士で競争をさせる事によって自然に飲食店の活気も向上します。傾斜の方針で経営が左右しますので、経営者の決断力が大切だと言えます。