飲食店の失敗例

飲食店の失敗例

飲食店を開業するまでは十分な準備期間で万全な体制で開業したはずなのに、なぜか経営状態が悪くなっていく。と言う事例が後を絶ちません。なぜ、万全の体制なのに経営が悪化してしまうのでしょうか。経営の成功や失敗には色々なパターンがあります。一例ですが、失敗した原因をご紹介します。資金の調達方法やその条件が悪かった事や、初期投資の金額が準備資金に対して少なかったり多かった。

 

 

 

店舗の立地条件が悪かったり店舗の物件状態に問題があった。賃貸料が高額で利益を圧迫してしまった。店舗のコンセプトが業種に対して合っていない。厨房設備が役に立たなかった。店舗の設備レイアウトが効率的でなかった。店舗の規模に対して収容客数が多かったり少なかった。などの失敗の原因が報告されています。

 

豊橋の個室がある居酒屋

 

これでは、開業準備を十分に行ったとは言えませんね。改善しようにも、開業準備に資金を使っているので、簡単には改善する事が出来ず、赤字経営が続いて閉店される店舗も少なくありません。せっかく、夢を持って開業したのですから、続けたい気持ちは十分に理解できますが、これでは、改善の余地が無いのが現状です。開業準備は開業後の問題よりも大切だと言えますし、開業準備の成功が飲食店経営の成功につながっている事を忘れないでください。

 

 

 

開業後の失敗例では、従業員の接客態度やメニューの問題。価格帯やサービスの問題。数年間変わり映えのしない店舗などが経営を失敗する原因とされています。開業準備が成功したのに、開業後の業務の失敗で成功できない飲食店も多数見られます。その事を気づいていながらも、改善しない経営者にも問題があります。経営者は、従業員を守る義務があります。その義務を忘れないようにしてもらいたいものです。