接客好感度の人気ランキングからわかること。

接客好感度の人気ランキングからわかること。

民間のある調査会社が、外食産業について接客の好感度ランキングをまとめています。
外食産業は景気の善し悪しに大きく影響されるために、様々な指標に注意を配っておくべきでしょう。
接客の良さと業績とは深い関係がありそうですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

ランキングを観てみると、第一位はスターバックスコーヒーになっています。
この結果には、納得がいく方も多いのではないでしょうか。
どこのスターバックスコーヒーに入っても、気持ちのよい接客で応対してくれるのは従業員教育が充実しているからなのでしょう。
また、スターバックスコーヒーの従業員はホスピタリティの意識が元々高いような気もします。

 

いつ行っても混雑している理由も確かに納得いくものがありますね。
気持ちのよい接客応対と洗練された店の雰囲気が好感度を上げるのでしょうね。
一方、ワタミなどの安価な居酒屋チェーン店は好感度が低いのはなぜでしょうか。どちらからというと値段の安さが目的で食べに行くことが多いので、そもそも接客に期待していないのかもしれませんね。
また、最下位だった牛丼チェーン店の「すき家」は、報道で話題になった影響もあるのかもしれません。

 

従業員一人で店舗を切り盛りしなければいけないので接客にまで気が回らないのは仕方がないですね。
マクドナルドについては評価が分かれているようです。
確かに、マクドナルドは店舗によって従業員の質にかなりのバラつきがあるので評価が分かれるのは頷けます。