ファーストフード店のアイスコーヒーが美味しくなってきた

ファーストフード店のアイスコーヒーが美味しくなってきた

最近の飲食店の動向として目立つようになってきたのが、ファーストフード店のコーヒーの美味しさ。
それに影響されるようにしてコンビニの店頭で提供されるコーヒーもカフェで飲むコーヒーと変わらない美味しさのものを現れています。

 

コーヒー初心者でも飲みやすいのがマクドナルドのコーヒーでしょうか。
味わい深いコーヒーがうりのカフェのような味つくりをすることはマクドナルドでは難しいでしょう。

 

大人から子どもまで幅広い年齢層のお客様が来店しますし。
そういった事情も考えて、マクドナルドは「マックカフェ」という大人向けの商品ラインナップの充実も図られています。

 

美味しいコンビニコーヒーとして支持が高いのは、セブンイレブンのアイスコーヒー。
氷だけが詰まったプラスチックカップにその場でドリップして作られるアイスコーヒーは、カフェで飲むアイスコーヒーと変わらない美味しさ。
値段が100円からというのも人気の秘密です。

 

カフェでアイスコーヒーを飲むと、最低でも200円から300円は必要です。
サクッと簡単にアイスコーヒーを飲みたいときには、わざわざカフェに入る必要もないですしね、美味しいコンビニコーヒーで十分です。

 

ドトールコーヒーは昔からありますが、根強い人気があります。
スターバックスコーヒーのように、時期によって豆の種類が選べるといったこだわりはありませんが、ドトールのアイスコーヒーは飲みやすいのとコーヒー感がしっかりしているのでお年寄りからも人気があります。

 

今後も、安くて旨いアイスコーヒーはますます進化していきそうな予感がします。