日本に溶け込んだイタリアン

日本に溶け込んだイタリアン

昭和30年代の後半から少しずつ日本に紹介されたイタリアンですが、始めのうちは高級な食べ物として一部のエリートな人たちに好まれていました。

 

それまでのヨーロッパの料理の主体は有名ホテルなどのシェフたちによるフランス料理がメインでしたが、うどんや蕎麦などのパスタ好きの日本人に好まれる様になって現在ではすっかり日本人の心を掴んでいます。

 

中野の居酒屋でおすすめはコチラ

 

最近では全国のどこに行ってもイタリアンが無い街を見つける事が難しいぐらいに全国的に普及したイタリアンです。

 

イタリアンには高級な料理を提供するリストランテからスパゲティーを専門にする店からピザの専門店まで幅広く有ります。

 

ピザは冷凍技術が確立された現代では到るところのスーパーやコンビニにまで行き渡っておりますし、スパゲッティーは乾麺として全国の家庭のメニューとしても定着しています。

 

 

 

イタリア方式のスパゲティーに留まらずに日本人が創作した数多くの日本のスパゲティーメニューが出来てきた事で家庭の定番メニューとして普及しています。

 

たらこや明太子を使ったスパゲティーから、海苔のスパゲティー、生うにスパゲティー―等は日本人が創作したメニューとして本場のイタリーにも逆輸入されています。

 

また、日本にイタリアンが普及した原因の一つに、パスタが日本人の味覚に合っていた事に加えてコスト的に安く出来る事があります。

 

飲食店で出されている物の原価が知りたい!

 

スパゲティーは、料理法が簡単な事も家庭料理として普及した原因になっています。

 

また、フランス料理や中国料理に比べてイメージ的に油が少ないと見られている事も普及に拍車をかけています。

 

オリーブオイルは結構使いますが「健康に良い油」のイメージが定着している事も普及を後押ししております。