外食産業の種類と仕分け

外食産業の種類と仕分け

米国式のシステムを導入して成功を収めてきた大手の外食チェーン店が全国展開をしはじめてから既に40年余を経過しています。

 

現在では全国に様々な種類の外食チェーン店が展開されていますが、当初の洋食中心のチェーン店から現在では和食系や中国料理系、イタリアン系、焼肉系、ハンバーグ系と様々な種類の料理があります。

 

 

 

料理の種類による分類以外にも都市型の飲食店や郊外型、ロードサイド型、ショッピングモール型、デパート型、観光地型・・・などの飲食店の立地からくるタイプ分けもできます。
さらに店内で飲食するレストラン型から対面販売をメインにするファストフード系もありますし、ドーナッツ、たこ焼き、ピザ、クレープなどの副食系のものもあります。

 

川崎の居酒屋で楽しく盛り上がろう

 

別の分類方法としてはコーヒーや紅茶を中心に軽食もできるカフェ系のものもありますし、家族向けのファミレスタイプ、夜から深夜にかけて酒をメインにする居酒屋タイプもあります。

 

駅弁やコンビニ弁当、弁当チェーン、デパ地下、駅地下で販売される弁当店や出前弁当も外食の一種から始まっていますが、最近では外食という言葉に対して「中食」と表現されることもあります。

 

大志 天神大名店

 

「外食」にたいして「中食」という言葉がありますように「内食」という表現もありますが、レストランなどのように外で食べることを「外食」と表現しますが、弁当などを購入して家や職場で食べることを「内食」と呼んでいます。

 

これらに対して自分の家で料理して食べることを「内食」と呼んでいますが、外で購入した出来合いの惣菜を家で皿に盛って食べることも「内食」にカウントしています。

 

これらの仕分けは外食産業のマーケティング用語として使われたのが始まりです。