外食産業の分類

外食産業の分類

日本の外食産業の市場規模は第2次世界大戦が終わって戦後の復興期から高度成長期に入ることで所得水準の増加と女性の職場進出による労働人口の増加や余暇時間の増加によって拡大を続けてきました。

 

1979年には外食産業の市場規模が13兆2400億円から2010年には23兆6450億円を超える規模に成長して来ました。

 

 

 

この数字には飲食店は勿論のこと企業関係の社員食堂や学校の学食、病院給食、喫茶店、居酒屋、などの全ての外食を含んでおります。

 

このような大きな産業となってきた飲食業ですので近年では大手資本が積極的に外食産業に参加するようになってきています。

 

昔は飲食業界の大部分が個人的な家業として営まれてきましたが総合商社やデパート、スーパーなどの商業資本が参入しています。

 

銀座 和食 ランチ 人気なら銀座吉宗

 

大手資本の参入によって生鮮食品の仕入れも大量仕入れが行われるようになって築地市場の仲買人などの従来の流通経路を介さずに漁業者や農業者から直接に購入してコスト削減に取り組む等な流通革命も行われています。

 

仕入れから調理までを一貫した管理システムを構築することで庶民の誰もが手の届く低料金で清潔な外食が楽しめるような改革もなされて正に国民食としての産業に育ってきています。

 

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000667/

 

現在の外食産業をおおまかに分類しますと洋食系のハンバーガー、フライドチキン、パスタ、ピザと和食系の牛丼や、ラーメン、うどん、等のファストフード系の外食産業と、和洋食と中華を売るファミレスやステーキやハンバーグのファミレスもあります。

 

また、立地条件からのタイプ別には市街地型のものと郊外型のロードサイドタイプのものなどにも分けられます。