厨房の失敗

厨房の失敗

厨房の失敗例では、自分が求めていた性能が発揮できなかったり、コスト面で、中古の調理器具を購入してしまい、故障で調理が出来なかったり、修理代にコストがかかってしまって利益が出ない事があります。多くの来店で調理器具を大型にした事も原因の一つとして考えられます。大きな調理器具は、大量の調理を可能にしますが、繊細な調理は不向きな場合が多く、自分の求める仕上がりにならなかったり、かえって時間がかかったりする事があります。

 

 

 

店舗の規模に合わせた適切な調理器具を選ぶことが大切ですし、それを使いこなす技術も備えていなければいけません。最近の調理器具はコンピューター制御で失敗の少ない調理が出来るようになりましたが、それを使うのは人間です。人間が間違った設定をすれば、調理器具もその失敗した設定で調理をしてしまいます。

 

新宿のデートでオススメの個室居酒屋

 

また、中古調理器具の故障が続くようなら、思い切って新しい調理器具に交換する事も視野に入れる事も大切です、故障して修理まで調理器具が使えないと言う事は、それだけ売り上げが落ち込む事になります。その売り上げの落ち込む金額と新しい調理器具のコストを比較してみると答えは見えてきます。

 

 

 

お客さんにも迷惑がかかり、さらに売り上げが落ち込む前に新しい調理器具を導入しましょう。安かろう悪かろう。という言葉はこういう事だったんだな。と時間するはずです。調理器具を導入する資金が溜まってからでは遅いのです。お客さんの満足度を低下する前に少し無理をし、その返済を従業員一丸となって売り上げの向上に努めると、思った以上に早く返済が済むことがあります。設備投資には経営者の決断力が必要と言えます。