アメリカ式の外食産業のメリット

アメリカ式の外食産業のメリット

昭和45年の大阪での万国博覧会に海外の大手外側チェーン店の出店がきっかけになって日本でも飲食店を産業として育ててゆこうという機運が高まりました。

 

それまでの日本の飲食店は基本的に個人の経営が中心でしたし、形式的には会社の形をとっていましたが実際の中身は個人オーナーの経営の物でした。

 

 

 

個人オーナーの飲食店ばかりでしたので国民的な産業を目指すような意識は有りませんので、多分に個人オーナーの趣味の域を脱していませんでした。

 

しかし、万国博覧会に出店されていたアメリカの大手外食チェーン店の経営手法を知った日本の事業家たちは刺激を受けて渡米して勉強をして日本の条件に合うように工夫して日本流の外食チェーンを目指しました。

 

五反田で人気の居酒屋の個室で盛り上がろう!

 

特に注目したことはフランチャイズ方式による事業展開で急速に店舗数を増やして行く手法は当初の地代や建設費をフランチャイザーと分散することで低投資で開業出来て、しかもモデル店舗ができれば店舗数を一気に拡大できるメリットがありました。

 

店舗数を増やせることで大量仕入れが出来ますので仕入れコストを低く抑えられますし、地域ごとに食品加工工場を造って集中的に低コストで調理が出来ます。

 

立川 居酒屋で飲みたい

 

集中管理することで料理の味を全国的に安定した味に統一できます。

 

従業員のサービス教育もマシュアルを造ってどこの店舗でも一定の水準のサービスが提供できます。

 

宣伝広告の面でも全国に店舗がありますので特別な宣伝をしなくても認知度が上がってゆきますのでマーケティングにかかる費用も効率よく行えます。