気持ちの空回り

気持ちの空回り

飲食店を開業するにあたって、気持ちが昂っている状態が続きます。緊張が続き、夜も寝れない日々が続く人も居るようです。そのような状態が続くと、正常な思考ができなくなるのはもちろん、人の話も落ち着いて聞く事すらできない事もあります。そこまではないだろう。と思っている人も、実際に脱サラして、多額の資金を調達して理想の店舗を設計し、飲食店のイメージに合った食器やインテリアを選んでみてください。一般家庭を違うスケールの大きさで興奮状態になると思います。

 

小料理バル ドメ

 

ここまで来ると、絶対に成功してやる。という気持ちが昂ります。この状態では気持ちだけが空回りしているので、一人の場合ではその感情を抑える事は不可能です。準備段階で経営を共にする人を必ず付けるようにし、お互いに気持ちを落ち着かせて正常な判断が出来るようにする事が大切ですね。その相手が夫婦であったり、仲間であったり様々ですが、気持ちを落ち着かせて正常な判断が出来る環境で、失敗しない会場準備を行う事が大切だと言えます。

 

難波の個室居酒屋で楽しもう

 

開業後も思うような経営が出来ず、色んな努力をしても結果が出ない場合にも気持ちだけが空回りして、従業員や家族に八つ当たりしてしまう事もあります。しかし、それも何かしなければ。という気持ちが過剰に空回りしてしまっている証拠です。責任感の強い経営者に良くみられるパターンですが、こういう時こそ、周りの家族や従業員をしっかり落ち着いて話し合い、みんなの意見を聞いて解決策を出す事も大切です。

 

個室居酒屋 美味門 -うまいもん-

 

自分が経営している飲食店は自分の物ではありません。そこで働いている従業員やその家族、お客さん全ての物と考えて落ち着いて考えれば解決の道が開けるはずです。