日本における外食産業の始まり

日本における外食産業の始まり

第2次世界大戦が終わって戦後の復興が始まりますと少しずつ市街地などの各地に飲食店が開業し始めました。

 

戦後の復興のために必死で働く庶民のために屋台の店や小さな小料理店が続々とオープンして行きます。

 

当時は戦災で何もかも失った方が多かったので全ての産業は小さな町工場から始まりましたが、飲食店はこれらの方々のお腹を満たすために手っ取り早くできる事から個人で経営しているものが中心でした。

 

日本に帰化している中国や台湾の方々も大衆的な中国料理の店を作ったりもしました。

 

横浜お忍び個室ダイニング 阿具楽-agura-

 

戦後の復興期が順調に推移し始めますと事業で成功する方々が増えてきましたので、銀座や赤坂などには大手企業や財界人、政治家。高級官僚を狙った高級料理店やレストランも生まれて来ましたし、昭和39年の東京オリンピックに向けての建設ラッシュ時には国策で推進された大手ホテルが誕生して、HOTEL内には高級なフレンチや和食店も開業しました。
しかし、これらは一部の資産家のための接待中心の場所でありますし、大衆的な街場の飲食店は男性中心のものでしたので決して外食産業としての位置づけのものでは有りませんでした。

 

 

 

本格的に飲食業が産業として位置づけられるようになるキッカケは昭和45年の大阪万国博覧会に海外の大手飲食チェーンが出品したことが始まりになります。

 

特にアメリカ式の全米を網羅するようなファストフードやファミリーレストランは飲食店も産業となりうることを日本人に知らしめました。

 

 

 

数百店舗ものチェーン店では、大量仕入れと工場生産方式でのコスト削減で低料金で家族連れで楽しめる国民職としての産業として位置づけられていたのです。

 

これを知った日本人はアメリカ式の外食産業を学んで日本にあった形に修正して日本の外食産業のお礎をつくってゆきました。