中食産業の台頭

中食産業の台頭

女性が男性顔負けに職場進出している時代ですから家事も女性の専業ではなくなって来ておりますので、家で料理することが時間的にも体力的にも厳しくなっていますので必然的に外食する傾向が増えてきています。

 

外食するまではいかなくともコンビニや駅地下、デパ地下などで弁当や出来合いの惣菜を購入して家で食べる傾向が強くなっています。

 

浜松の居酒屋で個室が良いのはここ!

 

独身の一人暮らしや子供がいない夫婦二人などですと、食材を何種類も購入して家で調理するよりも出来合いの惣菜や弁当を購入したほうが返って安上がりにもなりますし食材のムダも省けます。

 

夫婦でも共稼ぎの場合にはトーストとミルクなどの簡単な朝食を一緒に食べて、昼食は牛丼やラーメンなどのファストフードで済まして、夜は仕事の都合で外食するか途中で弁当か惣菜を購入して家で食べるかが多くなっています。

 

串揚げ えん

 

夫婦では週に1回はファミレス等に行くか1回は夫婦で食材のショッピングに行って自宅で料理します。

 

料理して余ったものは真空パックに小分けして冷凍庫で保存して後日に食べます。

 

梅田で居酒屋をお探しなら、蔵之助

 

また、子供がいる家族でも子供を保育所などに預けてお母さんもスーパーやコンビニなどパートで勤務している方の多いので毎日の調理を行なうことが困難な場合が多いのです。

 

このような時代になってきていますので、外食と中食で食を見たる傾向が益々多くなってきています。

 

このような時代に答えて「安く、美味しく、健康に良い」を目指して外食産業が中食産業にも打って出ています。