ライバル店の問題

ライバル店の問題

自分の飲食店を経営して満足していてはいけません。満足していては、経営不振と言う恐ろしい結果が待ち受けています。自分の店に自信を持ちすぎた経営者が失敗する多くの例でもあります。本当に成功している飲食店の経営者はどうでしょうか。成功している秘訣は、周りの飲食店のあらゆる業種を調査し、自分の店と比較しているのです。自分の店では、人気が無いのに、他の店では人気があるのはなぜだろう。などの疑問で頭の中が一杯なのです。

 

渋谷 イタリアン 個室 | The Neworder Table

 

そういう考えの経営者の店では、常に思考を凝らしたメニューが多数存在し、そのメニューを注文するお客さんが多い事に気づくはずです。成功する飲食店の経営者は、常にライバル店の様子を調査し、研究し、改良をする事でライバル店にはない独自路線のメニューで勝負しているのが分かります。失敗する経営者は、自分の店で精いっぱいで、ライバル店の情報は、誰かの口から聞いたことを情報源としているのです。その様な情報収集では、何も解決になりません。

 

つばきや〜TSUBAKIYA〜川崎駅前店

 

忙しいからと言って、他の人に任せる経営者は失格です。経営者たるもの、自らの足でライバル店に出向き、自らの目でライバル店の現状を見、そして自分の店と何が違うのかを観察する事が重要です。かとって、ジロジロあちらこちら見回っていては不審者として敬遠されてしまいますので注意してくださいね。

 

 

 

この様に、ライバル店の状態を経営者自らが見る事によって、自分の店との違いを理解し、自分の店にフィードバックする事で自分の飲食店の来店数アップや売り上げの貢献につなげる事が重要な経営者としての使命であると言えます。