外食産業の使命と目標

外食産業の使命と目標

外食産業は非常に幅の広い産業ですので、外食産業ということでワンパターンの説明は不可能になります。

 

広義の意味の外食産業には町に数多く存在するレストランや小料理屋、屋台のラーメン店や焼き鳥まで全ての飲食店が入りますし、郊外や観光地にある飲食店も入ります。

 

デパートやスーパーにあるレストランや企業の社員食堂も学校の学食、自治体にある飲食店も入ります。

 

所沢の居酒屋は個室で飲みやすい

 

しかし、国民的産業として確立されている外食産業は大手の一定規模以上の店舗数や売上を上げているものに限られます。

 

産業として認知されるには国民のための外食産業としての目標をしっかり定めて「美味しく、安く、良いサービスと施設」に向かって躍進していることが重要です。

 

名古屋駅 居酒屋 個室 猪口猪口

 

単に儲かるからとか個人の趣味の料理を提供するというのは産業と言うよりは個人事業の飲食店に留まります。

 

やはり産業というからには産業としての「使命」をしっかり持つことから始まります。

 

国民の食を満たすと共に国民の健康を守るために衛生管理と良質な食材を使用する事が重要な義務になります。

 

博多 居酒屋 個室 くすくす

 

儲かるからという理由で粗悪な食材を使って、しかも調理上の衛生管理が悪かった為に死者も出すという食中毒事件を出した飲食店が多くあります。

 

外食産業は常に上記のような目標をしっかり定めて社員教育と安全な食材の確保、衛生管理をしながら少しでも安いメニュー金額で美味しい良質な料理を目指してこそ産業という位置づけになります。