外食産業の進歩と課題

外食産業の進歩と課題

昭和45年の大阪での万国博覧会に欧米の大手外食産業のサンプル店舗が出店して多くの日本人の人気を得ました。

 

このことが契機になって日本の飲食店の産業化が進んで行きました。

 

それまでの日本の飲食店は個人オーナーの経営によるものが中心でしたので、クオリティーの高い飲食店は有りましたが産業としての位置づけは得られておりませんでした。

 

 

 

産業と位置づけられるには国民全体の食を満たすために全国展開して低料金で美味しいものを提供できることが必要になります。

 

ちょうど現在の自動車産業が大量生産を実現したことで国民全体が恩恵に浴することができるようになったことが産業化出来たということになります。

 

神保町で美味しい地鶏が食べられるお店はココ

 

自動車でも一部のスポーツカー等は産業と言うよりも個人の趣味ということになります。

 

同じ事が飲食店事業にも言えることになりますので外食を産業化するためには多店舗かとコストの削減努力が重要になります。

 

焼肉 うしみつ 恵比寿本店

 

アメリカ式の外食産業の利点はフランチャイズ・システムなどを導入して多店舗かすることで大量仕入れとセントラルキッチンでの集中管理方式で食材の仕入れから調理にかかるコストなど全てにおいて低減する効果があります。

 

コスト削減できることでメニュー料金は低く抑えられますので庶民が誰でも気軽に食べられることになります。

 

さらに、サービスや衛生管理のマニュアル化によってどこの店舗でも安定したサービスが提供出来ますし、衛生管理の徹底ができます。