不況に強い飲食業体「焼き肉」

不況に強い飲食業体「焼き肉」

一昔まえの未だ日本の景気が順調に推移している時期でしたがアメリカから輸入牛肉から狂牛病問題が大騒ぎになった事が記憶にあります。

 

その後も安売りで業績を伸ばしていた焼肉チェーン店のレバ刺からの感染問題がニュースで報道されてマスコミを賑わせました。

 

 

 

この他にも生の肉で作る人気メニューのユッケが問題になって焼き肉店のメニューから外されていた時期もあります。

 

このように、焼き肉店の経営には食材から来る危険性を指摘される時期が何回かあり、その度に焼き肉店の経営を脅かされてきました。

 

しかし、日本人にとって牛肉を食べたい時に真っ先に焼肉店を思い浮かべるぐらいに日本での焼き肉は定着しております。

 

この焼き肉の日本での起源は、第二次大戦後の疲弊した日本の食料不足が深刻な時代に、在日朝鮮人の方々が最初にホルモン焼きとして始めたのが原点になったようです。

 

 

 

在日朝鮮の方が焼肉の普及に火を付けたことで焼肉料理は朝鮮半島からの料理と認識されることになりました。

 

それまでは牛肉を食べる習慣のなかった日本人に焼き肉が普及するのに時間はかかりませんでした。

 

この様に日本における焼き肉料理は不況の時代に始まったもので、不況にも強く幾度の感染症などの病気問題で困難な時期も乗り切ってきた料理です。

 

不況に強い料理法として国民に愛されている焼き肉です。

 

 

 

しかも有名シェフや板前などの様な特別な技術者がいなくても美味しく食べられるものですのでシンプルで人件費などのコストも低く抑えられる不況に強い商品です。